概要

概要

難処理プラスチックリサイクルに関するプラットフォームとなり、社会課題解決を推進します。

日本のプラスチック処理活動において、従来輸出していた難処理プラスチックが輸出出来なくなり、処理の大半を占めていたサーマルリサイクルが国際的にはリサイクルと認められず、マテリアルリサイクルへのシフトが求められています。また、プラスチックによる海洋汚染問題がクローズアップされたこともあり、SDGsの視点からもプラスチック製品生産者並びに利用者に対して、国際的にもプラスチックの3R(Reduce, Reuse,Recycle)の推進が求められており、各国で共通して、「2030年までにシングルユース(容器包装)プラスチックの55~60%をReuse・Recycleすること」を目標としています。

我が国においては環境省が、第四次循環型社会形成推進基本計画を踏まえ、資源・廃棄物制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化、アジア各国による廃棄物の輸入規制等の幅広い課題に対応するために3R+Renewable(再生可能資源への代替)を基本原則としたプラスチックの資源循環を総合的に推進するための戦略「プラスチック資源循環戦略」を策定しています。

JARECは、このプラスチックリサイクルにおける課題解決に向けて、現状では対応が難しい難処理プラスチック容器等に対する新たなリサイクルプロセス提唱とその社会実装実現を目指し、国際的な観点からも喫緊の課題であるマテリアルリサイクル高度化に必要な技術革新とそれを実現するプラットフォーム構築を目的とした「高度マテリアルリサイクル研究会」を凸版印刷株式会社、株式会社放電精密加工研究所とともに設立いたしました。

本研究会におけるビジョン、今後の取組等についてご紹介するとともに、参加企業/団体における課題共有を行いました。

本研究会におけるビジョン、今後の取組等についてご紹介するとともに、参加企業/団体における課題共有を行いました。

活動体制

活動体制

お知らせ

お知らせ

2022.10.14 【ニュースリリース】
JAREC、凸版印刷、放電精密の3団体で高度マテリアルリサイクル研究会を設立
難処理プラスチック材リサイクルの課題解決と社会実装を目指す。
公益財団法人全日本科学技術協会(JAREC)(本社:東京都文京区、理事長:沖村 憲樹、以下 JAREC)と、凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)、株式会社放電精密加工研究所(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:工藤 紀雄、以下 放電精密)の3団体は、難処理プラスチックの、物性を維持した状態でリサイクル可能な新技術を開発し、社会実装することを目的とした高度マテリアルリサイクル研究会を発起人として設立しました。
詳細はこちら→PDF

発起人

  • 公益財団法人全日本科学技術協会
  • 凸版印刷株式会社
  • 株式会社放電精密加工研究所

参加企業・団体

  • 株式会社兼子
  • 株式会社サティスファクトリー
  • 株式会社セイコーレジン
  • 大同化成株式会社
  • 萩原工業株式会社
  • 株式会社パイオラックス
  • 株式会社パイロットコーポレーション
  • 株式会社平和化学工業所
  • 森村商事株式会社
  • 株式会社ライプロンコーポレーション
  • 国立大学法人福井大学 産学官連携本部
  • 学校法人福岡大学 工学部 機能構造マテリアル研究所

入会について

企業様における研究会員は原則、JARECの賛助会員であることとし、年会費は以下のように定めます。

企業 自治体・大学
500,000(税抜)

新たに賛助会員となる会員様は、賛助会員費は別途¥50,000(不課税)を申し受けます。

公益財団法人 全日本科学技術協会

〒113-0034東京都文京区湯島三丁目31番6号大塚ビル1階

TEL:03-3831-5911 FAX:03-3831-7702

E-mail:postmaster@jarec.or.jp

c2021 公益財団法人全日本科学技術協会