地方創生・振興 情報サイト。JARECのオリジナル情報で、地方創生・復興対策実現手法、産学連携ノウハウを知る

次世代を牽引する創造型企業を支援グローバルな産学官連携で地域創生と産業振興に貢献。
内閣府所管 法人コード A009560                
法人番号 9010005017352(インボイス番号 T9010005017352)

Topics

地域イノベーションの促進に向けて

「地域イノベーションと大学の地域貢献に関する調査」アンケート調査ご協力のお願い

公益財団法人全日本科学技術協会(JAREC)では、科学技術・学術政策研究所(NISTEP)の委託を受けて、「地域イノベーションと大学の地域貢献に関する調査」を実施致します。
本調査は「地域イノベーションシステム」の状況を明らかにすることを目的に、多様な地域のステークホルダーと大学との連携に係る実態を把握することで「大学の地域貢献」を示す指標を得ることをねらいとしています。
本調査にご協力をいただきたく、地域未来牽引企業(4,727社)の皆さま、地方自治体(67機関)の皆さま、財団法人(79機関)の皆さま、公設試験研究機関(416機関)の皆さま、および金融機関(354行)の皆さまへ、アンケート調査の実施のお願いに関する書類をメール便にてお送り致しました。
ご多用のところ恐れ入りますが、ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。


お送りしましたIDとパスワードをご準備ください。


JARECからのお知らせ

  • [更新日 2023.12.8]
    【JAREC主催】「SDGsパートナーシップ・プログラム」第5回シンポジウム開催
    JARECでは、SDGs達成を目指した大学等の優れた成果を企業や自治体の皆さまへご紹介する「SDGsパートナーシップ・プログラム」を立ち上げました。この度、各大学からご提供いただいた研究成果を皆さまにご紹介する機会として「第5回シンポジウム」を開催致します。SDGs達成に向けたパートナーシップが加速できますよう関係の皆さまのご参加をお待ちしております。
    日 時: 2024年1月15日(月)13時00分~16時00分
    形 態: オンライン開催 無料
    対 象: SDGsに取り組む企業・地方自治体及び大学等研究開発機関の皆さま、学生の皆さま
    定 員: 100名
    詳細・申込はこちら
  • [更新日 2023.11.24]
    【JAREC主催】「第31回地域を活かす政策研修会 in 京都」開催のお知らせ
    「伝統と革新」-脱炭素化社会の技術革新とスタートアップエコシステム-をテーマに「第31 回 地域を活かす科学技術政策研修会」を京都で開催することとなりました。次年度の国等の科学技術・産業振興施策説明と地域より新たな産業振興に向けた活動報告を行うほか、社会構造を変え行くスタートアップや中長期に亘り産学官が連携しながら検討すべき課題について、基調講演・分科会(ワークショップ)を通じて皆さまと検討して参ります。地域イノベーション・エコシステム形成に向けてご活躍の皆さまのご参加をお待ちしております。
    日 時: 1日目 全体会議・視察 2024年2月21日(水)9:00~17:00 懇親会 17:30~19:00
         2日目 分科会・施設見学    2月22日(木)9:00~15:00
    会 場: 京都市産業技術研究所(一部Webinarによる)・京都大学
    対 象: 大学・国研等研究機関・高専・地方自治体・公益法人・民間企業等における研究者
         産学官連携従事者及び地域を活かす産学連携にご興味のある方
    定 員: 100名(現地参加)・350名(Webinar参加)
    会 費: 無料
    詳細・申込はこちら
  • [更新日 2023.9.8]
    【JAREC主催】「新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた地域プラットフォーム形成シンポジウム」
    第10回ワークショップ開催
    コロナ感染拡大防止に向けてご活動されている皆さまを対象に「新たな感染症のメカニズムと感染者の実態把握に向けた取組」をテーマに第10回ワークショップを開催致します。
    日 時: 2023年10月23日(月)14:25~17:15
    形 態: 現地(AP東京丸の内)およびオンライン開催 無料
    対 象: コロナ対策に係わる地方自治体・医療現場・大学等研究開発機関・企業の皆さま
    定 員: 現地参加 20名/オンライン参加 100名
    詳細・申込はこちら
  • [更新日 2023.8.10]
    【アンケート結果】
    「新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた地域プラットフォーム形成シンポジウム」第9回ワークショップの事後アンケート結果を以下のサイトにアップ致しました。今後のご要望などについてもご記載頂きましたのでご覧ください。JARECは、これからも必要な感染対策など「PREPAREDNESS」について考え、広域・産学官連携してのネットワーク構築の「場」としてワークショップを開催して参ります。
    詳細はこちら
  • [更新日 2023.7.18]
    【JAREC主催】公開講座「R&Dイノベーション創発力養成プログラム」開催
    本プログラムは、企業を持続的に成長発展させるために不可欠なイノベーションを創出することができる「イノベーション創発力」の養成を目的としております。 各セッション(全4回)では、企業の競争力を高めるR&D戦略の立案、R&Dテーマのマネジメント、R&D組織と人財のマネジメントについてワークも交えながら実務的に学びます。
    詳細・申込はこちら



「大学等におけるSDGs達成を目指した研究に関する調査」ご協力のお願い

本調査は、公益財団法人全日本科学技術協会(JAREC)が事務局として実施しております。
 環境変化に対応してSDGsの達成を目指し社会課題解決に向けた研究に積極的に取り組んでいる大学が多くなってきております。政府はSTI for SDGsを地方創生の起爆剤として推進してきました。その中で中心となるのが大学の知の活用ですが、必須条件である「協創が実現するマッチング」の面で工夫が必要です。
 そこで公益財団法人全日本科学技術協会(JAREC)は、SDGsに向けた社会課題解決を目指す企業と優れた大学の研究成果とのマッチングの場を提供することを考えました。本調査は、大学等の有するSDGs達成に資する研究成果に着目し、地域科学技術イノベーション活動の有機的な継続に向け、大学のSDGs達成に関わる研究成果と地域の課題解決を目指す企業のニーズに着目して分析を行います。

書面にてお送りしましたIDとパスワードをご用意ください。

地域創生・振興の成功事例集
JAREC アーカイブス

テーマの分析~対応策~結果報告まで、目で見てわかる地方創生・振興の事例。JARECに在籍する専門家が、コンサルティングから実際の結果まで、目で見てわかる図式で解説。JARECのナレッジを簡潔にご紹介。

目で見てわかる地方創生「事例紹介を図式で明快に」
馬路村の柚子の6次化ビジネス展開(H29.3)
上勝町の葉っぱビジネスにおけるビジネスモデル30年の改良(H29.3)
海士町における “まち・ひと・しごと創生”に向けた活動の関連性(H29.2)
研修会・研究会の実績報告「未来の地域づくりに繋がる教訓を掲載」
◇平成30年度【郡山開催】医療・ヘルスケア産業の加速に向けたボーダレス・エコシステムの形成(H31.2)
◇平成28年度【岩手開催】3.11に学ぶ“大震災への備え”と“その復興プロセス”(H29.2)
◇平成27年度【島根開催】地方創生に向けた地域の科学技術資産の活用(H28.2)
各種調査報告「地方の振興策、復興計画その姿を報告」
編集中
pagetop